訪問看護ステーションでの全体ミーティング

在宅看取りをするために訪問看護が導入になるというケースがよくあります。

最後まで自宅で過ごしたい、家族と一緒にいたいと思いから利用者本人、家族が決断し依頼となるケースですね。
一方で出来るだけ在宅生活を送りたいけれど、疾患や介護力の問題などがあり、最後は病院でと希望されることもあります。

最後はどうしたいか。どこで過ごしたいのかということは、利用者本人と家族が納得して出す答えです。
私たちはそれに答えられるように努力してサポートをしていきます。

今回私が看取りをしたケースでは、利用者は寝たきりで意思を確認できる状態ではありませんでした。
また唯一の家族である娘さんは、自宅で介護したいという気持ちもありましたが、仕事もあり、本当に介護出来るか不安を抱えていました。

これから予測される状態の悪化やいずれ訪れる死に対して医師から説明がありましたが、全く想像できず家族は混乱していました。
もしもの時はどうするかという意思を確認できずにいたのです。そんな時、死は突然に訪れました。

訪問看護を開始して亡くなるまでたった1週間でした。
私たちですら、「こんなに早く病状が悪化するの?」と思ったくらい急激な変化でした。

「なんかおかしい」という娘さんの電話から待機であった私はすぐに駆け付けました。
早朝に起きて、オムツを確認した時にはいつも通りだったのに、次に見たときには、顔色は悪く、呼びかけにも反応しなかったと…。

私が到着し利用者の状態を見たとき「いつ亡くなってもおかしくないな」と感じました。

医師と所長に報告しましたが「在宅看取りの確認が出来ていないから、救急車で病院に来るしかない」と、救急車を要請しました。
しかし呼吸も脈もどんどん微弱になり、私が救急隊を誘導する間に娘さんが見守る中、心停止と呼吸停止をしたのでした。

救急隊はすぐに心臓マッサージを開始しました。
この利用者は、これほど急激に変化しなければ、看取りの方法について話し合いが行われ、家族からの要望や意思決定の文書なども交わし、在宅看取りの適応になっていたかもしれません。

そうすれば穏やかな死を迎えることが出来たはず…しかし、救急車を呼んで、到着した時点で心肺停止という現実に私は驚きました。。

救急隊としては蘇生措置をとるのは当然のこと。しかし、到着後すぐに衣服をハサミで切りモニターを装着。
そして心臓マッサージが始まった時には、私の方がショックを受けました。

それは年齢、疾患、そして衰弱の様子を間近で見てきていたから。しかし、私も家族もなす術はなく、成り行きを見守りました。
病院に到着後医師により死亡確認されました。

家族は、病院に運んできたことを後悔していなかったことが私にとって救いでした。
具合が悪くなる中、どのように介護したらいいのか全く分からなかったし、病院に運んできてやるべきことはやったけれど、亡くなったことは寿命だと受け止めていました。

訪問看護では、本当に短期間で亡くなってしまうことも多々あります。
その中で本人と家族が病状を理解し、もしもに備えて意思決定ができるようにかかわることは本当に重要だと思います。

家族にとっても、看取りというのは不安が大きいですが、看護師にとっても十分な話し合いが行われていなかったとき、本当はどうしたかったのかな、どのような最期を迎えることができたかなと考えさせられることが多いからです。

利用者、家族の数だけ、亡くなるときのシチュエーションはさまざま。だからこそ意思決定支援が重要になると思います